主役は花嫁なので二次会ドレスも主張しすぎない物を

結婚式の会場で変える

結婚

結婚式の服装は結婚式を行なう会場によって最適な服装が変わってきます。一般的にはドレスで揃えますが、ホテル結婚式やゲストハウスでの結婚式、レストランでの結婚式、また宗教結婚式ではドレスのデザインも変わります。

More Detail

式の時間が肝

新郎新婦

結婚式は朝だけのものではありません。夜行う時は服装に関してもしっかりと気を使う必要があります。暗くてもハッキリと映える色を選ぶことが大事で、アクセサリーも光物が求められます。

More Detail

タブーな色を着こなす

衣装

結婚式や二次会へ出席する時は服装をしっかりと考える必要があります。女性の場合二次会へ参加する時は二次会ドレスなどを着用し、フォーマルでありながらも華やかな服装をすることになりますが、この時に気を遣うべき点としてドレスの色があります。一般的に黒や白のドレスは避けるべきと言われており、ほとんどの方が色付きの二次会ドレスを着用します。黒色のドレスを避ける理由として喪服をイメージさせると言われているからで、祝いの席では全身黒色の服装をすることはタブーとされています。白色を避ける理由には花嫁のウエディングドレスと被るからで、主役である花嫁の座を奪うという連想をさせるため同じくタブーとされています。しかしこれら黒色や白色のドレスは比較的よく見つけられます。タブーなのに販売されている理由としてアレンジ専用のドレスという特長があるからです。

白色も黒色も基本的には全身同一色がタブーとされているだけで、白や黒が入っていても問題はありません。ただ基本的に二次会ドレスは全身同一色なため、例えば黒色のドレスを購入した時はアイボリーのボレロなどを着用することで逆に黒が映え、一気にシックでありながらも上品さを加える事が出来ます。また白ドレスの場合でも同様に黒系等のボレロを着用するだけで花嫁のウエディングドレスとは全く異なった雰囲気にすることができます。ただ真っ白のドレスだとアレンジが難しいため、ベージュなどを選ぶと二次会ドレスのアレンジの幅が広がります。白や黒以外にも結婚式の服装では様々なタブーがあり、その中にはタブーがひとり歩きしている場合もあります。例えばバイカラードレスは人気が高いですが、結婚式ではタブーと言われる場合があります。バイカラーが別れを連想させるというのが理由ですが、これはタブーのひとり歩きの代表的なもので、花嫁にとっても特段問題はありません。

出席時間と関係別

式場

結婚式の服装は出席する時間や新郎新婦との関係によって若干求められる服装が変わってきます。例えば二次会から参加するという場合はカジュアルドレスを着用しても問題はなく、逆に求められます。

More Detail