結婚式の会場で変える|主役は花嫁なので二次会ドレスも主張しすぎない物を

主役は花嫁なので二次会ドレスも主張しすぎない物を

結婚式の会場で変える

結婚

ドレスは古くから女性を華やかに魅せるための服装として知られています。外国から伝わり、着物文化だった日本でも近年ではパーティー等のめでたい席ではドレスを着用するのが一般的になりつつあります。結婚式などでもこのドレスは大活躍し、ウエディングドレスなどは会場一華やかな装飾とデザインで最大限の美しさを表現します。このようにドレスは着る側の状況別で様々な意味合いを持ち、ドレスを着用する場所であってもデザインによって相応しいドレスとそうでないドレスがあります。時に結婚式の多様化が激しい現代では必ずしもホテル等で結婚式を行なうばかりではありません。例えばゲストハウスやレストラン、また教会などで結婚式を行うときもあります。

結婚式のドレスと聞くとイメージするのがしっかりとマナーを守ったシックで控えめなドレスをイメージする事でしょうが、これはあくまでホテルでの結婚式の場合です。例えばゲストハウス等で行なう結婚式に出席する時はゲストハウスに合うよう通常よりも多少華やかな色合いが求められます。黒系等から暖色系のドレスが人気で、オレンジや黄色、また赤といったパーティー会場の様なドレスで場を盛り上げます。ゲストハウスの場合は会場自体が洋風で出来ている場合もあります。ホテルなどのように格式高い格好ではなく、若干崩しながらも気品溢れたデザインで揃えるといいでしょう。近年多くなりつつあるレストランで行なう結婚式に出席する時はカジュアルドレスと呼ばれる種類を着用します。カジュアルドレスは自由なデザインや比較的露出も多い特徴があります。まさにカジュアルな格好で、フランク志向の格好が求められます。所謂二次会のドレスがカジュアルドレスに当たります。教会や寺院といった宗教結婚式を行なう場合はドレスの中でも一般的にイメージするタイプではなく、ワンピース型で色合いもベージュなど場に浮かない色合いが求められます。派手なデザインではなく落ち着いた雰囲気のデザインにすると無難とされています。場に最適なドレスを選ぶという事が大事で、どういった式場で結婚式を行なうのかしっかりとチェックしておくことで最適な服装選びをすることができます。