出席時間と関係別|主役は花嫁なので二次会ドレスも主張しすぎない物を

主役は花嫁なので二次会ドレスも主張しすぎない物を

出席時間と関係別

式場

結婚式に出席する機会は年をとれば年々多くなってきます。場数をこなせばそれなりに対応が利くでしょうが、初めての方や慣れていない方の場合は出席するタイミングの服装について知らない方も居るでしょう。一般的には結婚式の最初から出席するという時はマナーをしっかり守った服装が求められます。その理由として様々な年齢層の方が出席しており、また式本番だからです。露出などは避け、フォーマルかつ結婚式用のドレスを着用するといいでしょう。しかし予定が合わず二次会だけの参加という場合はそれほど堅苦しくなくても問題ありません。例えば少しの露出などでも問題なく、カジュアルドレスなどを着用します。参加者も新郎新婦に近い友人関係が多いため、フランクなイメージで参加すると良いでしょう。

本人との関係次第でも服装選びは変わってきます。例えば新郎新婦と友人という場合はカジュアルドレスとまでは行かないけど色を添えられる服装が求められます。堅苦しく無く、それでいて色を添えるのは難しいですが、一般的なマナーに沿っていれば問題はありません。身内という場合はオシャレと気品というテーマでドレス選びをするといいでしょう。カジュアルドレスなどは合わないことが多く、落ち着いた雰囲気がピッタリです。会社関係といった場合は会社という社会関係があるため一番フォーマルでマナーを守るべきでしょう。華やかな色の中でも落ち着いた雰囲気で、落ち着いたデザインが求められます。会社代表という時は更に気を配ることになります。あまりにも硬くなると周りと浮いてしまうことになるため、周りと合わせることも大切になります。経験者に相談しながら服装選びなどを行ってみると良いでしょう。